カトリック聖園こどもの家

» ダイアリーカトリック聖園こどもの家

ダイアリー

1 2 3 39

敬老の葉書を投函しました!

暑くなったり、肌寒さを感じたりと温度差が激しい日が続いていますね。

天候が不安定で心配された親子遠足ですが、クラスで作った、てるれる坊主やお祈りが届いたようで、年中クラスは9月8日に、年少・年長クラスは9月15日の延期日に無事行くことができました。たくさん動物が見れて楽しかったですね。先日は、お忙しい中親子遠足にご参加いただき、ありがとうございました。

 

もうすぐ、9月21日。敬老の日ですね。保育の中で子どもたちに敬老の日について伝えました。今年はコロナウイルスの影響もあり、なかなか会えない方もいらっしゃると思いますが、おじいちゃん・おばあちゃんに心を込めて、1つ1つ丁寧に葉書を作りました。年長クラスはさつまいもの葉書、年中クラスはみのむしの葉書、年少クラスはフクロウの葉書を作りました。

今日投函をする予定でしたが、天候が悪かったため、年少・年中クラスは手作りのポストに投函しました。その様子をご紹介します。


「無事に届きますように」とみんなでお願いしました。


年長クラスがまとめて郵便局のポストに投函してきてくれました。

子どもたちの思いがおじいちゃん・おばあちゃんに届きますように…。

 

砂遊び楽しいな♪~くま組~

 

 

9月になったとはいえ、まだまだ暑い日が続いていますね…!

2歳児クラスのくま組は、残暑にも負けず、元気に毎日登園しています。

今回は数ある人気の遊びの中から、砂遊びの様子をお伝えします。

 

砂の感触を楽しんだり好きなものを想像しながら作りましたよ。

まずは、砂遊びでのお約束を聞いて、早速開始!

 

みんな、お水が入ったタライの前に集まっていますね。

これから、トンネルを作ってそこに水を流すようです。

バケツを持って、上手に汲めるかな?

じゃーん!川のできあがり!

どんどん流れていくの、不思議だね。

たくさん流さないと…水がなくなっちゃう~

砂遊びでは川作りがブームですが、バケツやカップを使ってのケーキ、プリン作りの見立て遊びも人気です!

こうやってたくさん砂を詰めて、プリンを作るんだ~

トッピングで、チョコに見立てて落ち葉を乗せる子もいます。

 

初めて使った「ろうと」では…

最初は、

「先生この道具、下から砂が出てくるよ~」とまだあまり慣れていない様子でしたが、

バケツの上で使うと砂が少しずつ落ちてくることを発見し、楽しそうに遊んでいました!

 

トンネル掘り掘り…楽しいな!

先生と子どもたちで協力して一つの物を作っています。

砂が冷たくて気持ちいいね。

 

 

今回は、くま組の砂遊びを紹介しました。

次回のブログも、お楽しみに~~~!

 

 

味噌汁を作りました!

 今週よりいよいよ9月が始まりました。まだ暑さが残りますが、園内には鈴虫の鳴く声が響き渡り、秋らしさを感じています。

 先日のブログでもお伝えしていましたが、年長クラスで収穫したじゃがいもを使って味噌汁作りをしました。子どもたちに味噌汁を作るために必要なものは何かを尋ねると「みそ!!」と元気良く答えてくれました。他にも必要なものがあることを伝えると「サラサラの粉のやつでしょ!」との答えが…!

「出汁」がどんなものからできているかを伝えたく、今回は「煮干し」を用意しました。実際に触ったり、匂いを嗅いでみると「おいしそうな匂いがする~!」と大興奮!中には「こういうおやつ食べたことあるよ!」と子ども同士で伝え合う姿も見られました。

 

水と煮干しを鍋で温めている間にみんなでじゃがいもを切りました。添える左手の位置や少し固いじゃがいもにどう力を入れたらよいかを考えながら真剣かつ丁寧に取り組んでいました。

作った味噌汁は給食でいただきました。

自分たちで作った味噌汁は格別で、素敵な笑顔がいっぱいでしたよ!

作った味噌汁を園長先生や職員室の先生にもおすそ分け!喜んでもらえ、子どもたちも嬉しそうでした。

 今回の味噌汁作りを通して、収穫したものを粗末にせず大切に食べることや、食べ馴染みのある味噌汁がどんなものからできているのかを知り、食や料理することへの興味へ繋がっていって欲しいと思っています。機会を見て、今後もクッキング活動を取り入れていきたいと思っていますが、ぜひお家でもお子さんと一緒に作ってみて下さいね!

枝豆を収穫しました!

先日、年少クラスは大きく育った枝豆を収穫しました。

朝の自由遊びの際に一生懸命水やりを行い、毎日帰り際に作物の成長を見守りながら、お世話や収穫の喜びを子どもたちと分かち合いました。自分で収穫できることが嬉しく、一つ一つ大事に抜いて、終始目をキラキラさせる子どもたちでした。

その様子をご紹介します。

そして、収穫した枝豆を次の日に給食に出してもらいました。

大切に育ててきた枝豆を神様に感謝しながら美味しくいただきました。「おいしい~」「もっと食べたかった」という声が聞こえ、ニコニコ笑顔で食べていましたよ。

自分たちで育てた野菜は格別に美味しかったようです。給食も完食でした。

 

<年長>ボディーペインティングとじゃがいも収穫をしました!

 夏休みも終わり、こどもの家では8月21日(金)からいよいよ2学期がスタートしました!今年の夏は、お盆が過ぎても30度を超える暑い毎日が続いていますね…。しかし、子どもたちはそんな暑さに負けず、園庭でリレーや大縄、トンボを捕まえて、友だちと何匹捕まえたか数を競っています。

 お天気にも恵まれ、26日にさくら組、27日ゆり組が園庭でボディーペインティングをしました!汚れても良い服に着替え、絵の具が髪に着かないようタオルを巻いて、準備完了!最初は、少し不安そうにしている子も、次第にダイナミックに…!絵の具の感触を全身で感じながら、色の交わる様子や重なり、模様に興味を持って欲しいというねらいのもと、夏らしい遊びを経験できるよう働き掛けていましたが、「濃い緑に色が変わった!」「もっと茶色を足したらいいんじゃない?」「力を入れすぎると紙が破けちゃった」など発見もたくさんありましたよ!最後は、友だちと絵の具の付け合いっこ!終始、大盛り上がりでした。

◇さくら組◇

◇ゆり組◇

 

 また、畑の野菜も実りの時を迎え、今年はキュウリやピーマンが大豊作!先日、給食さんが「トマトとキュウリのサラダ」、「チンジャオロース」に変身させてくれ、神様からのお恵みに感謝しながら、美味しくいただきました。

 年長児は、春先にじゃがいもをみんなで植えました。じゃがいもは、種芋が、他のじゃがいもを大きくするために自分の栄養を分け、最後は皮だけなりますが、他の為に尽くすことの尊さに気付き、普段の生活中でも相手の気持ちに目を向けたり、優しい気持ちで関わりを深めていくことに繋がっていって欲しいという思いを込めて、みんなで育ててきました。

 植えた当初は、意味の理解までは難しい姿が見られましたが、掘り起した際に、落ち葉のようにカラカラになった皮を見付けると、「最後はカラカラになっちゃうんだね、種芋ってすごい」「この間、絵本で読んだ “幸せの王子様” と同じだ!優しいね!」と子どもたちなりに気付いたことを伝え合い、また1つ学びを深めることがことができました。来週には、味噌汁にしていただく予定です!食べ物を粗末にせず、大切に味わって食べられるよう伝えていきたいと思います。

 2歳児のくま組さんも見に来てくれました。今度一緒に遊ぼうね!

来週の味噌汁作りが楽しみです!

楽しいね!(ひよこ組)

気温も高く、汗ばむ日が続いていますね。

園では、鈴虫が「リーン、リン♪」と鳴いており、子どもたちは喜んで虫かごを覗いていましたよ。

 

ひよこ組は先日、夏野菜であるトウモロコシの皮むきをしました。

子どもたちも大好きなトウモロコシ。身近な食材に実際に触れて、重さを感じたり、皮やひげ根の感触を楽しんでみました!

 

給食でもおうちでも出てくるトウモロコシ。

みんなは食べる前のトウモロコシ、どんな色・形をしているか知っているかなぁ?

 

 

「なんだろう?」

先生と一緒にむきむき…

 

 

 

とっても真剣です。

 

上手にむけました!じゃーん!☆

やったね!

 

最初は観察をしていた子どもたちでしたが、だんだんと積極的に手を伸ばし始め、皮を割いてみたり、ひげ根を引っ張って取ってみたりと感触を楽しんでいましたよ。片手でトウモロコシをひょいっと持ち上げていて、担任は皆びっくりしてしまいました。力もりもりのひよこ組さんですね。

そのあとの片付けもみんな頑張っていましたよ。

今度は違う野菜も触ってみようね!

 

 

そして今日は、タンポを使って絵の具でスタンプ遊びをしました。

絵の具の色がつく不思議さや、楽しさを感じてみました!

 

ぽんぽんぽん…

 

「楽しくなってきた!」

「みて、みて、できた!」

最初は先生と一緒に。慣れてくると自分の力でタンポを持っていました!みんないい顔でスタンプを押していましたよ。

今日できたものは今度、ある物に変身する予定です!

何ができるかは、お楽しみに・・・!

大根を収穫しました!

8月に入り、気温が上がったことにより蒸し暑い日が続いていますね。

皆さん、お変わりなく過ごしていますか。

こどもの家では水遊びや園庭遊び等、暑さに負けず、外で元気に身体を動かして遊んでいますよ。

 

先日、年中クラスでは畑で育てていた大根の収穫をしました。

小さな種からどのように育ち、どのように収穫するのかを考えながら、

しっかり見届けられるよう、子どもたちと観察してきました。

 

初めはなかなか芽が出ず、「まだかな~」と毎日畑に行く子どもたち。

大根の芽が出た時には、大喜びでした。

そこからあっという間に大きくなった大根。

ついに収穫の日。友だちと協力して、一本ずつ丁寧に抜きました。

なかなか抜けない物もあり、「大根畑のお仕事の人は大変だね…」と自分たちの体験を通して、感じたこともあったようです。

 

この後は給食さんにお願いし、スティック大根にしてもらい、みんなで

いただきました。自分の手で育てた大根は特別なようで、

普段、野菜を苦手とする子も「おいしい!」と満面の笑みでした。

 

夏休み初日には、給食さんのお手伝いとして、とうもろこしの皮むきを

しました。初めて皮むきをする子もいましたが、上手に皮むきすることが

できました。このとうもろこしは、翌日の午後おやつでいただきました。

 

10月には、さつまいもを収穫する予定です。子どもたちは、土の中は

どんな感じかな?と毎日、想像しながら水やりをしています。

どんなさつまいもが出てくるかは、お楽しみ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水とお花紙の感触遊び(ひよこ組)

7月も終盤を迎え夏真っ盛りです。蒸し暑い日も多いですが、子どもたちは暑さに負けず元気いっぱい活動しています。

今回はひよこ組(0歳児)の感触遊びの様子をご紹介いたします。

1歳前後の子どもは、目的に向かって、はいはいやあんよで自由に移動し、その目的の物を手に取り、いじって遊びます。そうした遊びを通して、自ら手指の操作の発達を促し、物を認識する力を育てていきます。この時期の子どもたちが、手指をより大胆に使うために、感触遊びはとても楽しい取り組みです。新聞紙、アルミホイル、ビニールなどの様々な素材や、草や葉や花などの自然物にも触れその感触を楽しんでいます。

暑い夏は冷たい水の感触がとても気持ちが良いものです。トレーに水とお花紙を入れて用意すると子どもたちは、人口芝の感触が嫌で、まだ水にも触ってないのに泣いたり、

水の中に手を入れてかき混ぜたり、

お花紙をすくったり、触ったり、眺めたり、、、。

夏空の下、ちょっと涼しい気分になりました。

トロトロになったお花紙は、画用紙の上にのせて、7月の製作『おさかなさん』の模様になりました。

ひよこ組入口に飾っていますのでどうぞご覧ください。

 

年長さん、夕涼み会をしました!

 今年度は、新型コロナウィルスの兼ね合いで様々な行事が延期や中止となり、例年とはまた違った過ごし方をしています。保護者の皆様にもたくさんのご協力をいただき、今日までを過ごすことができたことを感謝しています。

 特に年長児が毎年楽しみにしているお泊まり会を行うことが出来ないことが決まり、子どもたちも悲しさから泣いていたこともありました。そんな姿に職員も胸が締め付けられる思いでしたが、少しでも楽しい思い出になれば…!そんな願いを込めて、夜のこどもの家で過ごす「夕涼み会」を企画しました!

 当日に向け、夕涼み会までの日めくりカレンダーを作ったり、夕食時に使うランチョンマットを作って、気持ち作りもしてきました。夕涼み会が近づくたびに「早くめくらなきゃ!!」と登園早々嬉しそうにめくっていましたよ!

◇日めくりカレンダー◇

◇ランチョンマット◇

 

 そして、楽しみにしていた当日!

ホールで集合した時からわくわくで笑顔いっぱいな子どもたち♪

全員が揃ったら、まずは外遊びへいきました!

その後はクラス毎に集合写真を撮り、そのままスイカ割り!

目隠しをして、棒を持ったらスイカめがけてエイッ!!!

「当たった!」「外れた~…」「いい音した!」など大賑わいです。

スイカを先生方にお願いして、夕食へ…!

いつものお部屋が繫がって広くなり、食堂になっていました。自分のランチョンマットを探し、いただきまーす!

 夕食の献立は、みんな大好きチキンカレー、スティック胡瓜(畑で収穫したキュウリも入っています!!)、デザートはオレンジ!そして、みんなで割った特別なスイカも・・・♪

お腹がいっぱいになったらホールへ移動。

何が始まるのかソワソワしながら、待っていると…パフォーマーのカームさんが登場!マジックやジャグリング、光るパフォーマンスに終始笑顔いっぱいな子どもたちでしたよ!

最後は、カームさんから風船で作った犬をプレゼントしてもらいました!!

楽しいショーの後は、楽しみにしていた花火!!

お天気も小雨でしたが、綺麗な花火を見ることが出来ました。

最初は、先生たちのグループに分かれ、手持ち花火!

「きれい~♪」「次はどんなのかな?」

手持ち花火が終わると、1か所に集まり、噴き出し花火!

火をつけてくれているのは園長先生です。

1つ終わるごとに「おぉ~!!!」と大歓声!

皆で夏らしい時間を過ごすことが出来ました。

 

園に戻ると、何やら先生たちからプレゼントがあるとのこと…!

でも置いた場所を忘れてしまったよう…。

どこに置いたか忘れてしまった先生のために、みんなで園内にあるかもしれない手掛かりをクラス毎に探しに行きました。

全部見付けたらホールへ!メモと照らし合わせてみると…

「プレゼントは・・・しろいぴあののした」

ピアノの下には大きなプレゼントが…!!

開けてみると、光るうちわを発見!!!

最後にみんなで点けて、大喜び♪

また、特別におやつのプレゼントも!

先生たちからのメッセージも入っています。お家で読んでね!

 20時も過ぎ、いよいよ帰る準備の時間。貰ったプレゼントや荷物、忘れ物はないかな?最後は全員揃って、帰りの会をして、お母さんの元へ。

 短い時間ではありましたが、子どもたちにとって大切な思い出の1つになってくれると嬉しいです。ゆっくり休んで、来週も元気に登園してきてくださいね!

遅い時間のお迎えにも関わらず、ご協力いただきありがとうございました。

最近の年少組

徐々に暑さが厳しくなってきましたね。

最近の年少組の様子を少々…

14日(火)は泥遊びをしました!

泥遊びの身支度を覚えながら、泥の冷たさや感触を全身で味わいました。

汚れても良いの…?と心配する子もいましたが、先生の作った砂の山や川に水を流したり、泥の水を作って色の変わり方を見たり、じっくり楽しみました!

15日(水)はお散歩に行き、ファクトリー周辺をぐるっと回ってきました!

前の友だちを追い抜かさずに並んで歩けるよう意識し、自身の生活と地域が関わりを持っていることにも気が付けるように声を掛けました。

「私のお家はここだよ」「郵便局があるよ」と、子どもたちは地域の環境に興味津々!

ファクトリーの煙突広場では、「サンタさんはいる?いつくるの?」という可愛い声が。秋にもまた行きましょうね!

17日(金)は水遊びを満喫!

水遊びの約束をしっかりと伝え、水の動きを不思議に感じながら、その感触を全身で味わいました。

初回ということもあり、ぬるま湯で用意したところ、始めは身体に掛け合っていましたが、徐々に遊びが変化し、山から水を流してみたり、グランドに水たまりを作ったり、遊びが尽きませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20日(月)は、年長・年中さんが遠足に行くのをお見送りしてきた年少組の、待ちに待った遠足でした。

園周辺の環境に興味を持って、自分たちの住む町に親しみがもてるようにし、暮らしのマナーや身近な危険にも気が付けるようにしました。

園を出たら、まずは教会へ。

入ったことのない子は緊張している様子もありましたが、「クラスにも十字架があるよね」とイエス様を見付けて喜ぶ姿も見られました。

永山公園ではおやつを食べてから、松ぼっくりを拾ったり、大きな木の根っこからジャンプしたり伸び伸びと遊びました!

帰ってからの給食は、少しのんびりできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして本日、22日(水)は、2回目の宗教講話でした。

内容は「世界のはじまり」。神様を身近に感じられるように見守りました。暗闇の世界に神様が光を作り、それから天と地、星と月、海と陸、草花と生き物、最後に人間を作りました。初めてのお話に、子どもたちは興味津々でしたよ。神様が作ってくださった手を、困っている人を手伝うために使いたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この1学期、子どもたちの身支度を年長組が積極的に手伝ってくれていました。今では、「今日は手伝ってくれるかなぁ?」なんて言う子も。この優しさをずっと忘れないでいてほしいな。

1 2 3 39