カトリック聖園こどもの家

» 年中組コロッケ作りカトリック聖園こどもの家

年中組コロッケ作り

昨日の地震はびっくりしましたね。子どもたちはいつも通り笑顔で登園していました。

お休み中も気をつけてお過ごしください。

さて、今日は年中組の二回目のクッキングの日です。「お料理行進曲」の歌が大好きで

歌の中に出てくるコロッケ作りに挑戦しました。

 

先生方が茹でたじゃがいもの匂いが部屋中に広がり、

子どもたちは「いいにおいがする!」「早く作りたい!」と朝から楽しみにしていました。

まずは、グループごと袋に入ったじゃがいもを手でつぶしました。

皆で仲良くこねこねしました。

「伸ばしてみようよ」

「みんなでトントンしてみよう」

「塩、コショウも忘れずにね」

よくつぶれたら袋から出して、コロッケ作りもいよいよ大詰めです。

粘土で色々な形を作るのが得意な子どもたち、

丸めてコロッケの形を作るのも上手にできました。

続いて水で溶いた小麦粉にくぐらせて、パン粉をつけました。

真剣な表情で丁寧に作り進める子どもたち。

「気持ちいいよ」

「うまくできたよ!」

「手にたくさんついちゃった」

頑張った証拠ですね。

きれいに衣がつきました。

給食さんに揚げて頂き、こんがりきつね色のコロッケのでき上がりです。

おいしい給食と共に頂きました。

一口でぱくり。

「みんなで食べるとおいしいね」

「甘くて、おいしい!」

職員室の先生方にもおすそ分けしました。

「マリア様にもお供えしたいよ」と

子どもたちの方から提案がありました。

分けてあげる気持ち、成長しましたね。

「もっと食べたい!」「おかわりくださーい」

今回のクッキングも大満足でした。