カトリック聖園こどもの家

» 年中モエレ沼公園遠足カトリック聖園こどもの家

年中モエレ沼公園遠足

今日は天気にも恵まれ年中組はモエレ沼公園遠足に出掛けてきました。

夏休みを元気に過ごした子どもたちですが長い距離歩くのは疲れるようで「早くお弁当食べたい!」と

朝からお母さんの温かいお弁当を楽しみにしていました。

バスを降り、ガラスのピラミッドを目指して歩きました。

「うわあ、広いね~」

「これは何かな?」不思議なオブジェに興味津々でした。

今回の遠足で少しの間飼っていたコオロギやアシグロツユムシを自然に返してあげようと思い、

子どもたちは虫かごの様子を気にしていました。別れが名残惜しいのかもしれませんね。

いよいよモエレビーチに到着。少し気温は低めでしたが楽しみにしていた水遊びもしました。

「冷たい!でも気持ちいい!」と大喜び、

「見て見て~」とカエルや魚になりきって泳ぐ子もいましたよ。

たくさん遊んだ後、お待ちかねのお弁当の時間。

友だちと仲良く頂きました。

「みんなで食べるとおいしいね」

「ウインナー同じだね!」と楽しい会話も聞こえてきます。

食後はおやつもおいしく頂きましたよ。

お腹いっぱいになった後は、広い芝生の上で虫探しや鬼ごっこをしたり、お花を摘んだりして遊びました。

「そーっとね、優しくね」

無事に虫たちも逃がしてあげることができました。

みんなでにこにこいい顔で写真も撮りましたよ。

帰り道、急な雨もありましたが最後まで頑張って歩いた子どもたち。

バスでは疲れて眠る子、まだまだ遊び足りない子と様々な姿はありましたが

楽しい思い出がまた一つ増えましたね。