カトリック聖園こどもの家

» 先週は…カトリック聖園こどもの家

先週は…

クリスマスお遊戯会から1週間が経ち、早いもので今年もいよいよ10日ばかりとなりましたね!

12月に入ってからも気温の変化から、体調を崩してお休みする子ども達が多かったですが、こどもの家では明日から1号さんは冬休みに入ります。

 

ここでは、先週の様子をお伝えします。

13日(火)は、札幌マミーズブラスによる演奏会でした。

トランペット、ホルン、クラリネットなど生の楽器の音の違いを教えて頂き、クリスマスソングやクラシックなど、子ども達は聞いたことある音楽を耳にすると自然と手拍子がおき、楽器に合わせて楽しく歌っていましたね!

♪さんぽの曲に合わせて、指揮者の先生が猫バスを背負って登場すると・・・

子ども達はその猫バスに書かれている、『かつおせんせい』を見つけ、特に年長の子ども達は「かつおせんせーい!!」と呼びかけていましたよ!

先生も少し恥ずかしそうに指揮棒を振りながら、手も振ってこたえてくれて、子ども達は大喜びでした!

また、年長の男の子のお当番さんは、マミーズさんの皆さんを前に指揮棒をふることに挑戦させていただきました。

あっという間に、かつおせんせいとも仲良くなり、アンコールでは♪勇気100%を歌い、楽しい演奏会でしたね!

 

 

2016-12-13_音楽演奏会の様子(マミーズブラス)

 

 

 

そして、15日(木)は、クリスマスお遊戯会で年長児が演じた聖劇でご降誕したイエス様のお祝いで、キャンドルパーティーをしました。

年長年中児はキャンドルに火を灯し、左手はお胸にしながら一歩一歩ゆっくり歩きながらホールに入場して、自分の席についてからお祈りと聖歌を歌いました。

ホールの電気を消したり、スクリーンを下げ、ロウソクの灯りだけの明るさもとても綺麗でしたね!

年少さんや2歳児さんはキャンドルのみ持ち、年長年中児になってからの憧れの気持ちを持ちながら、参加していました。

 

 

IMG_0953

 

 

また、皆でクリスマスを迎える心の準備期間として待降節と共に、がまん表や献金を通し、世界中の困っている人たちにも目を向ける活動をしてきました。

キャンドルパーティーでは、ステージ上のイエス様にがまん表と献金箱を捧げ、クラス毎にイエス様にどんな約束を守ってきたかお話していましたよ!

この日集まった献金は、フィリピンのミンダナオにあるイースターヴィレッジに送らせて頂きます。

皆様のご協力ありがとうございました。