カトリック聖園こどもの家

» さくら・ばらのスキー教室カトリック聖園こどもの家

さくら・ばらのスキー教室

先週金曜日から、いよいよスキー教室が始まりました。

 

札幌市は、小学校教育の中でスキー学習をとりいれていますが、本園でも年中さんからスキーを取り入れています。

雪が沢山降る北海道ならではの貴重な体験でもあり、

毎年、練習を重ねる中で体力や持久力がついて、子どもの自信にも繋がり、

本当に良い体験の場です。

教えて下さるのは、2人の先生。

15年以上前からスキーを教えて頂いている優しいおじいちゃんの様な先生と、本園の施設長の三辻園長先生。

お二人とも、子どもたちをいっぱい褒めて導いてくれるので、子どもたちは大好きです!

 

 

スキー初回は、ホールでスキーの着脱の練習や転んだ時の起き上がり方等、

スキーの基礎を教えて頂きました。

始めはスキー靴のバランスの悪さに戸惑っていた子どもたち。

片足履くごとに、「おっ、おっとと!」と、あちこちで転がる風景がありました。

段々やり方が分かると、自信をもって「もう自分でできるよ!」と胸をはっていました。

スキーの板の始末や片付け方も教えてもらい、自分で持ってみると意外に重く、よろよろしながらも取り組んでいました。

怪我のないように園としても十分心掛けていますが、“自分のものは自分で管理する”という事も、大事な教育の一つ。

その時の体力や状況を考慮しながら、出来るだけ自分で出来るように指導を行っています。

 

何度も繰り返し練習したおかげで、すっかりマスターした子どもたち。

2回目の、雪の上での様子についてはまた次回!お楽しみに!

IMG_7870 IMG_7877 IMG_7879