カトリック聖園こどもの家

» 十五夜のお月見体験カトリック聖園こどもの家

十五夜のお月見体験

今週の日曜日は、十五夜です。 さくら組では、「秋の風物詩『十五夜のお月見』を体験しよう!」ということで、昨日から準備をしていました。 まずは、お月見のお団子作り。 材料は白玉粉と豆腐のみ! 1:1の割合でボールにいれて、こねて、丸く形成したら茹でるだけ、というシンプルな作り方です。   IMG_7139   こねる、という動作は、子どもにとって非常に楽しいものです! 写真からも伝わってきますね。 そして、翌日、手作りの三方に積み重ねて、お月見団子の完成! 「昔の人は、十五夜の満月や秋の草花をみながらお団子を食べて、秋を楽しんでいたんだよ」と知らせると、 「じゃあ、秋の七草も飾ろうよ!」という声があり、皆で近くの花屋さんへ秋の七草を買いに行きました。 が! 二件回りましたが、ありませんでした…。 でも、「この前豊平川に行ったときに、ススキがいっぱいあったよね!」という声があり、 「よし、豊平川へ行こう!」と一念発起。 みんなで採りに行きました。 秋の七草はススキしかありませんでしたが、他の秋の草花がたくさんあり、皆で摘んで、 ススキを振り回し、友だちをススキでくすぐりながら帰宅。(余りの喜びぶりに、今回は目をつぶりました…) IMG_7153 十五夜の準備も無事完成。 小さいクラスも、お団子やススキを触って、不思議そうに眺めていました。 日曜日、晴れるといいですね。 IMG_7164